キーワードはどのくらい種類があり、それぞれどんな効果がありますか?

人はみな一人ひとり違う個性を持っていますが、それはレジェンド・オブ・ルーンテラのユニットも同じです。確かに他よりも強力なユニットは存在しますが、どのユニットも戦いの流れを変える可能性を秘めています。攻撃力だけでは勝利を掴むことはできません。勝つための戦略を立てる上では、キーワードが重要な役割を果たします。
キーワードは特定のカードに表示され、一定の条件を満たすとその効果を発揮します。例えばライフスティールストライク時にネクサスの体力を回復し、リジェネレーションは新しいラウンドが始まるたびにそのユニットの体力を回復します。他にも様々なキーワードがあり、うまく組み合わせれば戦況をひっくり返すことも可能です!

キーワードの紹介

  • ユニットの中には複数のキーワードを持つものがあります。例えばブラウムは、image-3.pngチャレンジャーimage-13.pngリジェネレーションを持っています。カードの可能性を最大限に活用するには、自分と相手のユニットが持つキーワードが互いにどのように作用し合うのかを理解することが重要です。

always_chose_braum.png

  • スペルの中には、カードにキーワードを追加したり取り除くものがあります。あなたの戦略にぴったりの組み合わせを考えましょう!
  • 攻撃や防御の作戦を組み立てる際は、オラクルの瞳を使ってみましょう。見落としていたキーワードや組み合わせを明らかにしてくれることがあります。
  • キーワードの効果がわからなくなった時は、カーソルを合わせれば説明が表示されます。ただし、このガイドに記された内容の一字一句を正確に覚えておけば、その必要はありません。
  • 一部のキーワードはその効果を他のユニットに移し替えることが可能です。詳しくは移し替え可能なキーワードのページをご覧ください。

キーワードを使いこなすことで味方の力を最大限引き出し、敵の懐に痛烈な一撃を叩き込むことも可能です。キーワードの知識と使い方をマスターすることは勝利に欠かせません。ここでしっかりと学んでおきましょう。

忠義

「忠義」を持つユニットを召喚した時、そのユニットとあなたのデッキの一番上にあるカードの地域が同じであれば、そのユニットは「忠義」による効果を獲得します。

  • 例えばダリウスがあなたのデッキの一番上で待ち構えている時に「バシリスク騎兵」を召喚すると、この騎兵は+1|+1と、さらにオーバーパワーも獲得することになります!

Attach_rw.png

アタッチ

「アタッチ」を持つユニットは、プレイされる際に味方に“くっつく”ことで、自身のステータスとキーワードを貸し与えることができます。その味方が場から離れる場合、自身は手札に戻ってきます。

  • 別のユニットがアタッチされた場合も手札に戻ってきます。なお、「アタッチ」状態が解除されると、貸し与えていたステータスとキーワードも一緒に離れていきます。
  • 通常のユニットとして、そのまま場に出すことも可能です。

icon-keyword-attune.png

アテューン

さあ、魔法のご用意を!「アテューン」を持つカードは、召喚された時にスペルマナを1補充します。

Augment_rw.png

オーグメント

クリエイティブな気分の時こそ、メカの天才たちを活用するチャンスです。場にいる「オーグメント」を持つユニットとチャンピオンは、あなたが生成されたカードをプレイするごとに、+1/+0を獲得します。

バリア

攻撃は最大の防御なり。ユニット1体への次のダメージを防ぎます。

  • スペルの中にはユニットから体力を吸収して使用者のネクサスを回復するものがあります。対象にバリアがかかっているとユニットへのダメージは発生しませんが、ネクサスは吸収によるダメージ量だけ回復されます。
    • 例:あなたのユニットにバリアがかかっており、敵がそのユニットに対して体力を3吸収するスペルを使った場合、あなたのユニットはダメージを受けませんが、敵のネクサスは3回復されます。
  • バリアをスタックすることはできません。基本的に、ダメージを防ぐことができるのは1回だけです。
  • バリアはダメージを防ぐため、ライフスティールを持つユニットがバリアを持つユニットを攻撃しても、ネクサスは回復しません。
  • オーバーパワーによるネクサスへのダメージは、バリアで防ぐことはできません。
    • 例:「オーバーパワーを持つ3|1のユニット」を「バリアを持つ1|1のユニット」でブロックした場合、ブロックしたユニットは生き残りますが、ネクサスは2ダメージを受けます。

保持

特定の条件を満たすカードがあなたの場か手札にある場合、効果を発動します。

拘束

拘束しているカードが場を離れるまで、対象をゲームから取り除きます。

  • 拘束されたカードは、場に戻ってきた時に召喚時の効果を発動します。また、デバフは取り除かれ、体力も回復します!
  • 拘束されているユニットは全体を対象とする効果(「あらゆる場所にいる」と記載されています)の影響を受けません。

ブロック不可

このキーワードを持つユニットは、ブロックに参加することができません。

チャレンジャー

「チャレンジャー」を持つユニットは、敵ユニットを指定して自身をブロックさせることができます。指定された敵ユニットは強制的に戦闘に参加させられます。誰も逃れることはできません

  • 「チャレンジャー」は他のキーワードを無視することができます。例えば「ブロック不可」を持つユニットを指定してブロックさせることも可能です。
  • 「チャレンジャー」を持つユニットが「イルーシブ」も持っていた場合、「イルーシブ」を持たない敵ユニットを指定してブロックさせることもできます!

カウントダウン

3…2…1…発動!「カウントダウン」を持つカードは各ラウンド開始時にカウントを1つ進め、0になるとその効果を発動します。ちなみにこのカウントは、他のカードの効果によって早めることも出来るのだとか…

デイブレイク/デイブレイク状態

「デイブレイク」を持つカードは、そのカードがラウンド中にあなたが初めてプレイしたカードである場合に効果を発動します。

  • あくまでも「自分にとって最初である」ことが条件なので、自分がデイブレイク状態だからと言って、相手もそうであるとは限りません。その逆も同様です。
  • デイブレイクを発動可能な時は、デイブレイク状態であることを示す小さな太陽のマークがカードの上に出現します。

icon-keyword-deep.png

ディープ

さあ、潜水の時間です!「ディープ」を持つカードは、あなたのデッキが残り15枚以下になった時に+3/+3を獲得します。

ダブルアタック

一撃で二度おいしい。

  • 「ダブルアタック」を持つユニットは、まずブロッカーよりも先に攻撃を行い、その後通常通りの攻撃を行います。ブロック時には発動しない(通常通りの攻撃のみ行う)ので注意しましょう。

吸収

これほど「おいしい」ダメージが他にあるでしょうか。

  • 「吸収」を持つあなたのユニットが敵(または敵のネクサス)へのストライクに成功すると、与えたダメージの分だけ自分のネクサスの体力が回復します。うまい、うますぎる。

イルーシブ

異なる者同士が引き合うのは、磁石くらいなものでしょう。「イルーシブ」を持つユニットは、同じく「イルーシブ」を持つユニットでしかブロックできません。

  • ただし、例外もいくつか存在します。「イルーシブ」を持つユニットが「チャレンジャー」も持っている場合、「イルーシブ」を持っていない敵ユニットを指定してブロックさせることができます。
  • ユニットの位置を入れ替えるスペルを使えば、「イルーシブ」を持たないユニットでブロックすることが可能です。
  • すでにブロックされているユニットに「イルーシブ」を付与しても、ブロックは解除されません。

エンライト

マナジェムを10個開放すると、ユニットが「エンライト」状態になります。試合が進めば自然と発動しますが、マナを増やすカードを使えば発動を早めることも可能です!忍耐こそが悟りへの道を開く…とは誰の言葉だったでしょうか?

  • マナジェムの数が10個未満に戻った場合、すでに「エンライト」状態のユニットはそのままですが、新しくプレイされたユニットに対しては再び10個に到達する必要があります。

エフェメラル

「エフェメラル」を持つユニットは、ストライクするかラウンドが終了するとその時点で力尽きます。限られた時間を大切に使いましょう!

フェイト

「フェイト」を持つユニットが各ラウンドで初めて味方から対象に選ばれたとき、そのユニットに+1|+1が付与されます。「フェイト」を発動させるには、場に出ている状態で対象に選ぶ必要があります。手札のユニットを指定しても発動条件は満たせません。

フィアサム

「フィアサム」を持つユニットは、攻撃力が2以下のユニットにはブロックされません。敵の心に恐怖を植え付けてやりましょう。

  • 「フィアサム」を持つユニットが「チャレンジャー」も持っている場合は、攻撃力が3未満の敵ユニットを指定してブロックさせることもできます。
  • 攻撃力が3未満のユニットは自分が「フィアサム」を持っていたとしても、「フィアサム」を持つ敵ユニットをブロックすることはできません。他人を恐怖させることと、自分が恐怖しないことは別ということですね!

フリーティング

「フリーティング」を持つカードは、そのラウンドが終了すると同時にあなたの手札から破棄されます。逃げるが勝ち、とはよく言ったものです。

Formidable_rw.png

フォーミダブル

「フォーミダブル」を持つユニットは攻撃力ではなく体力でストライクします。

凍結

ユニット1体の攻撃力を、ラウンド終了時まで0にします。ただし、凍結させられた後でもバフを与えることはできるので覚えておきましょう。風邪みたいなものですね!

Fury_Icon.png

フューリー

敵を倒すごとに高まる熱狂!「フューリー」を持つカードは、敵ユニットをキルするたびに+1/+1を自身に付与します。

行動不可

「行動不可」を持つユニットはアタックもブロックもできません。注意しましょう!

インパクト

「インパクト」を持つユニットがアタック中にストライクすると、同時に敵のネクサスにも1ダメージ与えます。このキーワードはスタックさせることも可能です。

invoke.png

招来

困った時の神頼み…ならぬ星頼みです。「招来」を使うと3枚の「天空」カードが提示され、その中から1枚を選んで手札に加えることができます。

Landmark_rw.png

ランドマーク

ルーンテラの世界を観光しましょう!「ランドマーク」はキーワードではなく、新たに登場したカードタイプです。

  • ランドマークはルーンテラに点在する特別な場所をカードにしたもので、ボード上に配置することで効果を発揮します。
  • ランドマークは攻撃力と体力を持っておらず、ダメージを受けることもありません。代わりにそれぞれが独特な効果を持っているので、効果内容や各種キーワードをしっかりと把握し、うまく使いこなしましょう!

ラストブレス

「ラストブレス」の効果は、このキーワードを持つユニットが力尽きた時に発動します。タダでは倒れません。

ライフスティール

「ライフスティール」を持つユニットがストライクすると、そのユニットをコントロールしているプレイヤーのネクサスの体力が攻撃力分回復します。

  • ただし、「バリア」を持つユニットにストライクしてもライフスティールは発動せず、ネクサスも回復しません。ご注意ください!

Lurker_rw.png

潜伏

「潜伏者」がデッキの一番上にいる状態で味方の「潜伏者」がアタックする時、あらゆる場所にいる味方の「潜伏者」に+1/+0を付与します。この効果は1ラウンドに1回のみ発動します。

選定

「選定」が発動すると、まず3枚のランダムなカードが提示され、その中から選んだ1枚が手札に生成されます。

ナイトフォール/ナイトフォール状態

「ナイトフォール」を持つカードは、そのカードがラウンド中にあなたが初めてプレイしたカードではない場合に効果を発動します。

  • あくまでも「自分にとって最初ではない」ことが条件なので、自分がナイトフォール状態だからと言って、相手もそうであるとは限りません。その逆も同様です。
  • ナイトフォールを発動可能な時は、ナイトフォール状態であることを示す小さな月のマークがカードの上に出現します。

ネクサスストライク

「ネクサスストライク」は一見シンプルです。このキーワードを持つユニットが敵のネクサスをストライクすればいい、というだけの話ですから。しかしそれは裏を返せば「ブロックされてしまったら意味がない」ということでもあります。障害物にはくれぐれもご注意を。

除外

文字通り、ユニットをゲームから取り除いてしまいます!

  • このキーワードは非常に強力で、「ラストブレス」を持つユニットも効果を発動できずにそのまま消滅してしまいます!

オーバーパワー

「オーバーパワー」を持つユニットの攻撃力がブロッカーの体力より高い場合、超過分のダメージがネクサスに与えられます。

  • 「オーバーパワー」はブロック時には効果を発揮せず、アタック側のネクサスにダメージを与えることはありません。
  • 「オーバーパワー」を持つユニットをブロックしているユニットが途中で取り除かれた場合、すべてのダメージがネクサスに与えられます。(通常であれば、ブロッカーが途中で取り除かれてもアタッカーの攻撃力はすべて無効化されます)

プレイ

プレイ」の表示があるカードは、手札から場に出した際に効果が発動します。

  • カードの中にはどこからでも場に召喚できるものがいくつか存在しますが、「プレイ」の効果は手札から直接場に出さない限り発動しない、という点にご注意ください。

追撃

今がチャンスだ!優位に立つタイミングを心得ているのが一流の悪党というものです。そのラウンド中、味方がすでに敵のネクサスにダメージを与えていた場合に限り、プレイもしくは召喚されたユニットは追撃を発動することができます。

先見

「先見」が発動すると、デッキ内から3枚のカードが提示され、そのうちの1枚を指定してデッキの一番上に置くことができます。その際、残りのデッキ部分はシャッフルされます。心の目を開き、未来を意のままに操りましょう!

クイックアタック

アタック時、「クイックアタック」を持つユニットは相手よりも先に攻撃を行います。先手必勝!

  • 例:クイックアタックを持つ1/1ユニットが1/1ユニットにブロックされた場合、クイックアタックを持つユニットが先に1ダメージを与えるため、ブロック側が力尽きます。
  • ブロック時に「クイックアタック」は発動せず、アタッカーと同時に攻撃します(アタッカー側がクイックアタックを持っていない場合)。

奮起

攻勢に打って出ます。アタックトークンを持っていない場合、アタックトークンを獲得します。

リコール

ユニット1体を手札に戻し、そのユニットに適用されていた効果をすべて取り除きます。そのユニットが受けたバフ、スペルで追加されたキーワード、あるいは追加された効果やテキストもすべてなくなりますが、チャンピオンのレベルアップはそのまま維持されます。

リジェネレーション

「リジェネレーション」を持つユニットは、毎ラウンドの開始時に体力が最大まで回復します!味方にあれば頼もしく、相手にすれば厄介なキーワードです。

入れ替える

後列がいっぱいになっていることに気がついて、余分な戦力を手元に戻したくなった経験は誰しもあるでしょう。そんな時は「入れ替える」ことで場所を空けることができます…ただし味方を1体除外しなくてはなりませんが。

名声

「名声」の効果は、味方が5ダメージ以上のストライクを4回以上行っている場合に発動します。実力を示し名を上げることで、更なる力を手に入れましょう!

icon-keyword-scout.png

スカウト

先駆者の苦労は報われるものです。「スカウト」を持つユニットのみで攻撃した時、各ラウンドごとに一度だけアタックトークンが獲得できます。

spellshield.png

スペルシールド

恐ろしい魔法の力も、使い方によっては身を護る手段になります。「スペルシールド」を持っているユニットは、次に敵から受けるスペルまたはスキルを無効化します。

  • なお、スペルシールド1つにつき護れるユニットは1体です。複数を対象とするスペルが使われた場合、「スペルシールド」を持たないユニットはすべてその効果を受けてしまいます。ご利用は計画的に!

スタン

スタンを受けたユニットは戦闘から取り除かれ、そのラウンド中はアタックもブロックもできません。

  • スタンを受けていても、スペルやアビリティを使用してアタックすることはできます。
  • 「チャレンジャー」を持つユニットは、「スタン」中のユニットを指定してブロックさせることができます。
  • スペルを使えば「スタン」中のユニットとブロッカーを入れ替えることもできます!

ストライク

これは簡単です。「ストライク」はあなたのユニットがそれ自身の攻撃力によって相手を攻撃した時に成立します(つまりスペルのような魔法による攻撃はストライクとみなされません)。

  • ちなみに攻撃力が0のユニットはストライクできません。ご注意ください。

最も強い

デカい!強い!「最も強い」ユニットとは、攻撃力が最も高いユニットを指します。

サポート

「サポート」を持つユニットは、アタック時に右隣にいる味方に特定の効果を与えます。

  • 例えば、シェンはアタック時に自身の右隣にいるユニットに「バリアを付与します。
  • ユニットを配置する際は、効果を適用したいユニットを「「サポート」を持つユニットの右隣に配置するようにしましょう(上の例でいうと、バリアを与えたいユニットをシェンの右隣に配置します)。配置順には常に気を配りましょう!

トス

あなたのデッキの下から指定された枚数のカードをゲームから除外します。チャンピオンカードはこの効果の対象になりません。ディープと組み合わせることで真価を発揮するキーワードです!

タフ

「タフ」を持つユニットは、あらゆる被ダメージを1減少させます。

  • 「タフ」はどんなダメージにも適用されるため、低ダメージのスペルを多用する相手に特に有効です。
  • 「タフ」はコンボを台無しにしてしまうことがあります。ダメージをあえて受ける必要があるユニットには、タフを付与すべきかどうか慎重に判断しましょう!
  • 「タフ」は“バリアの内側”にあります。「バリア」は「タフ」でダメージが減少するよりも先にダメージを無効化し、消滅します。例えば「バリア」と「タフ」を両方持つユニットに1ダメージの攻撃を行った場合、バリアは破壊されます。

icon-keyword-vulnerable.png

無防備

武器を捨てることは決して悪いことではありません…が、レジェンド・オブ・ルーンテラでは話が変わってきます。「無防備」状態のユニットは、あらゆる相手から戦いを挑めるようになってしまいます。相手に「チャレンジャー」を与えてしまうようなものです。

最も弱い

強さにも色々ありますが、このゲームで「最も弱い」という条件の基準となるのは相手にダメージを与える能力だけです。つまり「最も弱いユニット」とは「攻撃力が最も低いユニット」のことを指します。

この記事は役に立ちましたか?

お探しのテーマが見つかりませんか?

技術的な問題からアカウントの問題まで、サポートいたします! お問い合わせください!サポートからできるだけ早くお返事いたします。

/ お問い合わせ